サプリメントは、薬ではなく「食品」! 安全ナチュラルサプリメントで身体健康!

健康志向が高まるにつれて、サプリメントを摂ることで体の調子を整えるようとする方が増えています。
しかし、サプリメントを服用することになんとなく抵抗のある方も多いようです。
そもそも、サプリメントは何かと言われると、きちんと答えられる人はそう多くはないかもしれません。

私たちが普段飲むお薬とは何が違うのでしょうか?

サプリメントは、正式には「ダイエタリー・サプリメント」といい、「不足する栄養素を補う」という意味があります。
錠剤タイプのものが多く、見た目からよく勘違いされますが、薬ではなく「食品」に分類されます。
つまり、サプリメントは普段食べている食事の中で、足りないものを補ってあげるという役割があるのです。

ですから、本当にバランスのとれた食事を毎日とることができている人は、本当はサプリメントはいらないのですが、忙しい現代人にとっては、それがなかなか難しいことです。最近はダイエットを目的としたサプリメントもありますが、サプリメントは本来、普段の食事の中で、どうしても足りないものを栄養補給してあげるために飲む、という摂取の仕方が正しいのです。

サプリメントと薬の違い
よく、サプリメントとビタミン剤というものが混同されるのですが、ビタミン剤はサプリメントと違い、薬に分類されます。
では、薬とサプリメントの何が違うかというと、薬は薬事法という法律に基づく、厚生労働省の検査をくぐりぬけたものに限られ、効果や効能を言うことができます。しかし、効果がある反面、副作用を引き起こす可能性もあるので、医師の処方箋や、薬局などでないと手に入れることができません。それに比べて、サプリメントは比較的手軽に手に入れることができます。

よるのウナギがご紹介するサプリメントは、
インドネシアジャムウサプリメントの大手、ボロブドゥール社(Borobudur)の商品です。

ボロブドゥール社は、1979年の薬草のニーズの発展と共に、PTジャムーボロブドゥール業界は既製の漢方薬の生産を開始し、その10年後の1989年に、カプセル形態での準備のタイプの開発を開始しました。

商業的に実現可能な製品、品質、衛生的と消費のために安全を生成することをもっとーにプロセスは、標準的なエンジンと近代的な生産技術で行われ、それぞれの分野で訓練を受けた要員によって制御されます。

すべての活動/およびGMP(優良製造規範)またはCPOTB(グッド伝統医学)の要件に従って該当する企業の品質マネジメントシステムISO 9001に従って実施されています。

ボロブドゥール抽出センターは、粘性を抽出し、乾燥エキスを処理する際にドイツ欧州規格で作られ近代的な技術を使用しています。

インドネシアで販売加えて、ボロブドゥール社の製品は、マレーシア、シンガポール、サウジアラビア、ナイジェリア、スイス、ロシア、アメリカ、カナダ、メキシコ、ニュージーランド、日本、中国などのいくつかの国に輸出されている安全で確実な製品です。

このように、きちんとしたプロセスによって作られた、ナチュラルハーブの
安全なジャムウサプリメントなのです。

ダイエット・スキンケア・ボディケア、デリケートゾーンのケア・体力強化ケア・高血圧・ストレス・疲労など
種類はなんと28種類!安全サプリメントで、お悩み解決です!!

インドネシアサプリメント会場

人気ブログランキングへ