ジャムウソープ(JAMU石鹸) 気になる成分。一体どれを選べばいいの?

ジャムウソープ(JAMU 石鹸)といっても沢山種類があります。
名前も製造国も全て違うので、一体どれがいいのか?どれを選べばいいのか?
迷ってしまいますね。

よるのうなぎで扱っているジャムウソープは
ジャムウの地、インドネシアで作られている正規品。
SABUN SARI KESET と MELODY KESETの2種類を扱わせて頂いています。

写真 29-07-14 13.47.07
SABUN SARI KESETはジャムウソープの原点ともいえる商品。
ジャムウ石鹸が話題になったのもSABUN SARI KESETから始まったといわれています。
歴史も長く、販売されてからずっと人気を保っています。

今日は気になる成分を調査してみました。

主な原料は
aluminium patassium sulfate= ミョウバン; 硫酸カリウムアルミニウム
みょうばん(ミョウバン)とは、硫酸アルミニウムと硫酸カリウムの硫酸塩の複合体で、無色透明の正八面体の結晶体です。
ミョウバンは、美肌効果に最適で、強力な消臭効果、殺菌効果もある
沢山のコスメに使用されています。
また肌を引き締め、汗を抑える効果、あせもやアトピー性皮膚炎、水虫などに効き目があるとされている優れ物です。

日本でも、大分にミョウバン温泉があり肌をすべすべにする効果で大人気
ミョウバン石鹸や、ミョウバンクリームなども出るほどです。

ジャムウ石鹸のミョウバンは、インドネシアでとれた
質の良い天然成分100%です。

その他に
palm oil=泡立ちは良くないが、泡を持続させる作用がある。肌にやさしい。
talc= 汗をおさえ,肌ざわりをよくする
sodium hydroxide=水酸化ナトリウム  緩衝・腐蝕の目的で用いる。
tawas=消臭・制汗剤
なども配合されています。

最近は、新しいパッケージになり石鹸の質もパワーアップされました。

消臭効果、美白効果には最適なこの石鹸はオススメ大です!

人気ブログランキングへ