トンカット・アリ(Tongkat Ali)で精力増強。マレーシア人参の力とは?

トンカット・アリ(Tongkat Ali)
最近注目を集めているトンカット・アリ(Tongkat Ali)をご存知の方も増えていることと思います。
「森のバイアグラ」と呼ばれるこのハーヴはジャムウでも使われているハーブの一種類。
トンカット・アリはマレーシアやインドネシアなどの熱帯雨林原産のニガキ科の潅木で「マレーシア人参」などと言われています。
Aliは一般的な人名でTongkatは杖という意味なのでで「アリの杖」という意味だそうです。
おそらく、アリというそれはそれは素晴らしいまるで杖のようなイチモツを持った方がいらっしゃって、
その方のようなたくましいイチモツになりたい(願望)みたいなことなんでしょう。

マレー半島の先住民族であるオランアスリの間では、太古の昔よりこの樹の根を煎じて飲んでいたそう。
太い幹になるまで15年かかると言われているトンカット・アリは大変貴重な自然由来のハーブなんです。

トンカット・アリ(Tongkat Ali)のサプリメントはカプセルタイプのものとドリンクタイプのものがあります。
「森のバイアグラ」と呼ばれる位なので効果が期待できますが、残念ながら即効性というよりも、徐々に効いてくるとのこと。

そこで主な効果をまとめてみました。

・遊離テストステロン(男性ホルモン)の分泌を促進
・スタミナの増強
・生殖機能の代謝を高める
・抗がん・抗HIV・抗ウィルス作用

徐々に日本でも浸透してきたトンカット・アリですが、今後もますます盛り上がっていくことは間違いなし。
是非皆様チェックしてみてください。

人気ブログランキングへ