口内炎の原因・予防。本場ジャムウのサレップラトゥン(SALEP RATUN)で即効解決!

「口内炎」とは、口の中や周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。

口内炎の原因はさまざまですが、次の3つが代表的な原因だと考えられています。

●疲労や免疫力の低下が原因と考えられる「アフタ性口内炎」
一般的にもっとも多くみられるのがアフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)です。
原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(ビタミンB2が欠乏すると口内炎ができます)などが考えられています。
アフタ性口内炎にかかると、赤く縁取られた2~10mm程度の丸くて白い潰瘍が、ほお・唇の内側・舌・歯ぐきなどに発生します。小さなものが2~3個群がって発生することもあります。普通は10日~2週間ほどで自然に消滅してあとは残りません。若い人に多くできる傾向があります。

●ウイルスや細菌の増殖が原因の「ウイルス性口内炎」
ウイルスが原因で起こる口内炎もあります。
単純ヘルペスウイルスの感染が原因のヘルペス性口内炎(口唇へルペス)や、カビ(真菌)の一種であるカンジダ菌の増殖が原因の「カンジダ性口内炎」などがあります。そのほかにも、梅毒・淋病・クラミジアなど、STD(性行為感染症)による口内炎も知られています。
ウイルス性口内炎に多くみられる多発性の口内炎は、口の粘膜に多くの小水疱が形成され、破れてびらんを生じることがあり、発熱や強い痛みを伴うことがあります。

●物理的刺激によって起こる「カタル性口内炎」
「カタル性口内炎」は、入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側をかんでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎です。口の粘膜が赤く腫れたり水疱ができたりします。アフタ性とは異なり、境界が不明瞭で、唾液の量が増えて口臭が発生したり、口の中が熱く感じたりすることもあります。また、味覚がわかりにくくなることもあります。

●その他の口内炎
特定の食べ物や薬物、金属が刺激となってアレルギー反応を起こす「アレルギー性口内炎」、喫煙の習慣により口の中が長期間熱にさらされることにより起こる「ニコチン性口内炎」などもあります。ニコチン性口内炎の場合は、口の中の粘膜や舌に白斑ができ、がんに変化するおそれもあります。

口内炎対策をサポートする商品は、日本でも沢山ありますが
よるのうなぎでご紹介するのは、本場ジャムウのサレップラトゥン(SALEP RATUN)。
ボカシラブオイル(BOKASHI RUB OIL)やサリビンクリーム(saribing)で有名なバリで大人気のPakOlesの商品なので安心。
その証拠は、EM技術を使った安心した商品だからです!
EMとは、乳酸菌、酵母、光合成細菌を主体とし、安全で有用な微生物を共生させた多目的微生物資材。

サレップラトゥン(SALEP RATUN) ニキビ用ジャムウは、ニキビの炎症を抑える消炎オイルとして、販売されていますが
口内炎にもすごい効果が発揮されると評判。即効性にも優れています。
蜜蝋やココナッツオイルをベースに、チリオイルやターメリックなどナチュラルな各種ジャムウ成分が配合されている天然成分100%商品なので肌が弱い方や産まれたばかりの赤ちゃんにも安心してご使用いただけます。
その他、おでき・切り傷・やけどの痕・虫刺されの痕にも回復を促進してくれるジャムウです。

slp1
  • サレップラトゥン(SALEP RATUN)

  • ニキビの炎症を抑える消炎オイル サレップラトゥン(SALEP RATUN) ニキビ用ジャムウは、お肌にポツンと出来てしまった、ニキビや吹き出物をなんとか痕を、残さないように炎症を抑え、悪化を防いでくれ…
  • サレップラトゥン(SALEP RATUN)10g×1個が今だけ価格:890円~
  • 購入ページへ
人気ブログランキングへ